(Getsuriku)(Getsuriku)

8月の北海道インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。

群馬県大会は5月12日~15日の4日間、正田醤油スタジアム群馬で行われ、男子では東農大二勢が7種目で優勝する活躍を見せた。

東農大二は2年生が躍進し、栁田聖大は初日の走幅跳を7m20(+0.6)の好記録で制すると、翌日の100mも10秒94(-4.3)で優勝。両リレーとあわせて4冠を達成した。110mハードルでは橋本悠が14秒53(+1.5)の大会新優勝を果たしたほか、200mでも奥原大翔が21秒76(+0.1)で制している。

5000mでも青木丈侑(3年)が14分29秒84で快勝した東農大二は、総合争いで2位以下に大差をつける95点でトップに輝いた。

このほか、男子棒高跳では栃木国体6位の実績を持つ原口顕次朗(前橋育英3)が5m00で貫禄勝ち。三段跳は日下哲也(前橋商3)が14m84(±0)で優勝している。

女子100mハードルでも大会新記録が誕生。横山涼葉(共愛学園2)が14秒15(-0.3)で圧勝した。共愛学園は昨年の全中走幅跳チャンピオンの成澤柚日(1年)も6m11(+3.1)でトップとなり、2人を起用した両リレーは、それぞれ48秒00、3分53秒63で優勝を果たした。また、学校対抗では共愛学園と新島学園が63点で並んだが、6種目で優勝を果たした共愛学園に軍配が上がった。

女子棒高跳では4月の兵庫リレーカーニバルでシニア選手を抑えて優勝した柳川美空(前橋育英3)が、高校歴代5位の4m07をマーク。今年は3月の室内競技会で4m10に成功しており、夏に向けてさらなる記録更新にも期待がかかる。

北関東大会は6月16日から4日間、山梨県の小瀬スポーツ公園競技場で行われ、全国大会の北海道インターハイは8月2日から6日に札幌市の厚別公園競技場で開催される。

月陸編集部


发表回复

Thanks for your support to bet365fans!