テンバ・ゴリンボ戦に向けて打撃トレーニングを積むUFCウエルター級の佐藤天(左)(Nikkan Sports News.)

 UFCウエルター級の佐藤天(たかし=32)が背水の陣に臨む。20日(日本時間21日)、米ネバダ州ラスベガスのUFC APEXで開催されるUFCファイトナイト73大会で、テンバ・ゴリンボ(32=ジンバブエ)とのウエルター級5分3回を控える。19日(同20日)には同地で前日計量に臨み、170・5ポンド(約77・34キロ)でクリア。ゴリンボは170ポンド(約77・11キロ)でパスした。

 20年11月のミゲル・バエザ(米国)戦で一本負け、22年3月のグンナー・ネルソン(アイスランド)戦は判定負け、そして同年8月のブライアン・バトル(米国)戦は右ハイキックで敗れた。現在、3連敗中の佐藤は「完全に後がない。全部大事な試合ですが、この試合は勝って弾みをつけて上へ行くか。本当に…という人生としてもターニングポイントになる試合」と気合を入れ直した。

 約7週間前にゴリンボ戦の正式オファーを受けたとしつつも「その前から準備していた。すごくやりたいと言ってきて5月ぐらいと言われていた」と準備期間に問題ないことを強調。練習拠点となる米フロリダ州のキルクリフFCで調整してきた。UFC2戦目が再起戦となるゴリンボついて「手足の長さ以外は自分が上回っていると思う。そういう試合をしたい」と技術、パワー、フィジカルを生かして自らの連敗を止める意気込みだ。

 同じ拠点には、同じウエルター級のUFC日本人ファイター木下憂朔(23)がおり「一緒に切磋琢磨(せっさたくま)している。彼は23歳で僕が格闘技を始めた年齢なので。一緒に練習して自分に火かつくし、良い影響を受けている」と触発。今回も試合に向けてサポートしてもらっている。 約12キロという減量を終え、連敗脱出に向けてオクタゴン(金網)に立つ佐藤は「今回の試合は相手と言うよりも自分にとって大事な試合になる」と強い決意を示していた。


发表回复

您的电子邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注

Thanks for your support to bet365fans!