ナゲッツのヨキッチ(右)と競り合うレイカーズの八村塁【写真:ロイター】(Reuters)ナゲッツのヨキッチ(右)と競り合うレイカーズの八村塁【写真:ロイター】(Reuters)

 米プロバスケットボール(NBA)のレイカーズ・八村塁に対する注目が高まっている。16日(日本時間17日)の西地区決勝第1戦の敵地ナゲッツ戦では途中出場で17得点をマーク。試合は126-132で敗れたが、昨季まで2季連続MVPのニコラ・ヨキッチとマッチアップして抑える場面もあるなど、反撃の“切り札”ともいえる躍動を見せた。敵地メディアも「ハチムラは残りの試合で要の役割を担う」と警戒している。

“怪物”を相手に存在感を発揮した。前半だけで19得点16リバウンドを記録していたヨキッチは第3クォーター(Q)にも5本のフィールドゴールを全て沈めるなど12得点。リーグ屈指のディフェンダーとして名高いアンソニー・デイビスがマッチアップするも止めきれず、レイカーズは第3Qに最大で21点のリードを許した。しかし、第4Qに八村がヨキッチのマークに入ると、流れが変わった。

 ヨキッチは第4Q、10分9秒プレーするもフィールドゴールの試投数はわずか2本。2本とも外し、得点はフリースローによる3点に留まった。ヨキッチを封じたレイカーズは第4Qに34-26とナゲッツを上回る得点を挙げ、一時3点差まで迫る反撃を見せた。

 コロラド州地元紙「デンバー・カゼット」は「レイカーズのルイ・ハチムラがデンバーとの西地区決勝の残り試合で要の役割を担う」と題する記事を掲載。「ハチムラは28分間プレーし、第4Qにヨキッチをガードする仕事を任されると、レイカーズが見せた修正の大きな役割を担った」と八村の働きを称えた。

 八村がマークについたことで、ヨキッチにかかりきりになっていたデイビスが自由になってペイント内を支配。八村が抜かれた際のヘルプ役も担うなど、相乗効果でナゲッツの攻撃を封じ込めた。

 米スポーツ専門メディア「クラッチポイント」は「レイカーズファンは第2戦、ダービン・ハムHCにルイ・ハチムラ起用の変化を要求する」と題する記事を掲載。八村のプレー時間増加、さらには先発起用を求める米ファンの声を紹介した。第2戦は18日(同19日)、再び敵地デンバーで行われるが、八村が引き続き“ジョーカー”の愛称で知られるヨキッチ封じの切り札になるか。

THE ANSWER編集部


发表回复

Thanks for your support to bet365fans!