(写真:Getty Images)(Getty Images)(写真:Getty Images)(Getty Images)

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が振り返った。

ヨーロッパリーグ(EL)ベスト4でレバークーゼンと激突したローマ。ホームでの1stレグを1-0の先勝で飾ると、18日のリターンレグを0-0で凌ぎ、ヨーロッパカンファレンスリーグを制した昨季に続いて欧州ファイナル進出を決めた。

両軍のシュート数からしても、23本の相手に対して1本だけとだいぶ劣勢だったが、シャビ・アロンソ監督との師弟対決を制したモウリーニョ監督は『UEFA.com』によると、イタリア『スカイ』で選手の頑張りを労っている。

「私のチームは細部にまで気を配る。(クリス・)スモーリングがベンチ外なら、勝てなかったかもしれない」

「(レオナルド・)スピナッツォーラを失って、(ゼキ・)チェリクも欠くようなら、難しかっただろう。小さなディテールも大切。スモーリングが全力を尽くしたが、(エドアルド・)ボーヴェに関しても同様だ」

「信じられないようなチームだ。ローマにあれ以上を求められたかどうかわからないが、彼らは何かしらをやってのけるだけの資格がある」

ポルトガル人指揮官はまた、「私がローマの歴史に? 私の関心事は選手を成長させ、人々に喜んでもらうこと。今日もまたヨーロッパの決勝戦に勝ち進めたことで、とても大きな喜びを感じている」と続け、ブダペストでの決勝に触れた。

「気がかりだったのは決勝戦に行くことだった。セビージャはとても強いチームであり、素晴らしい経験もある。これからそれを考えるし、今はセリエAのことに頭のなかを巡らせている」

超WORLDサッカー!


发表回复

Thanks for your support to bet365fans!