(Nikkan Sports News.)(Nikkan Sports News.)

<大相撲夏場所>◇3日目◇16日◇東京・両国国技館

 気迫のこもった相撲で、かど番の大関貴景勝(26=常盤山)が連敗を免れ2勝目を挙げた。

 小兵で懐に飛び込まれると厄介な翠富士(26=伊勢ケ浜)に対し、立ち合いから頭で当たった。その後も翠富士の懐に潜ろうとする動きを、回転のいい突っ張りと突き放しで封じ、左からのいなしで崩すなど、終始、相手を正面に置く貴景勝らしい相撲で押し出した。

 報道陣のリモート取材に応じた、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)も「開き直っていたね、今日は」と迷いのなかった貴景勝の心の部分を読み解いた。相手の翠富士についても「頑張っていい相撲を取った。よく押し返したが(貴景勝は反撃の)いとまを与えなかった」と褒めた。

 再び貴景勝の心理を読み解くように「開き直っていた。(立ち合いで翠富士は)変わらないと思って。大事なことです」と迷いなく当たった大関の開き直りを評価。「毎日の積み重ねで勝っていけば全然(流れは)違ってくる」と一番一番の積み重ねの重要性を説いていた。


发表回复

Thanks for your support to bet365fans!