[写真]=Getty Images[写真]=Getty Images

 5月17日(現地時間16日、日付は以下同)。イリノイ州シカゴにて、「NBAドラフト2023」における指名順位を抽選で決めるドラフト・ロッタリーが行われた。

 このロッタリーでは今シーズンにプレーオフ進出を逃した14チームが参戦。元選手やヘッドコーチ(HC)、現役選手、レジェンド、フロントがそれぞれのチームを代表して壇上に上がった。

 今年はポートランド・トレイルブレイザーズからブランドン・ロイ(元ブレイザーズほか)、デトロイト・ピストンズはベン・ウォーレス(元ピストンズほか/現バスケットボール運営部兼チームエンゲージメント・アドバイザー)、ヒューストン・ロケッツはイメ・ユドーカ新HC、インディアナ・ペイサーズからはタイリース・ハリバートン、ユタ・ジャズはコリン・セクストンが登場した。

 6月23日のドラフト当日に、1巡目全体1位指名権を引き当てる確率が高いのはレギュラーシーズンでリーグワースト3位の戦績に終わった3チーム。イースタン・カンファレンスならびにリーグワーストの17勝65敗に終わったピストンズ、ウェスタン・カンファレンス14位の22勝60敗のロケッツ、同15位の22勝60敗となったサンアントニオ・スパーズが、それぞれ14.0パーセントという最も高い確率。

 続いて27勝55敗のシャーロット・ホーネッツ(12.5パーセント)、33勝49敗のブレイザーズ(10.5パーセント)がトップ5の確率で、プレーオフ出場を逃したなかで最も良い戦績だったニューオーリンズ・ペリカンズ(42勝40敗)が最も低い0.5パーセントとなっていた。

 そしてこの日のロッタリーの結果、スパーズが全体1位指名権を引き当てた。この球団が全体1位指名権を手にしたのは1987年(デイビッド・ロビンソン)、1997年(ティム・ダンカン)に続いて3度目。これまで指名してきた2選手はいずれもバスケットボール殿堂入りしたビッグマンであり、現在4シーズン連続でプレーオフ出場を逃しているチームにとって、間違いなく朗報となった。

 今年のドラフト1巡目上位14位で指名するチームは下記のとおり。


发表回复

Thanks for your support to bet365fans!