Red Bull Content Pool(TopNews)Red Bull Content Pool(TopNews)

セルジオ・ペレス(レッドブル)の父親は、2023年のタイトル争いをF1界のレジェンドであるアイルトン・セナとアラン・プロストによる悪名高い争いになぞらえている。

■2人は現代のセナ・プロ

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が事実上の“ナンバー1”であることは明らかだが、ペレスはわずか14ポイント差で、彼の父アントニオは33歳のペレスが間違いなくタイトル争いに加わっていると言う。

「マクラーレンにセナやプロストがいた時を思い出してほしい」とアントニオ・ペレス・ガリベイはメキシコの新聞『Esto』に語っている。

「これと同じことだ。今日、それを再現しているんだ」

「彼らは同じ檻の中にいる同等の2頭のトラだ。同じように考え、同じように朝食をとる。お互いに最速ラップを奪おうとしているのがわかるだろう」

「予選ではポールポジションを狙い、フリー走行では最速を狙うんだ」

■チェコはフェルスタッペンと互角だ

ペレスの父は、25歳のフェルスタッペンがリードドライバーとみなされることが多いのは、2021年と2022年のタイトルと「マックスがチームにいる時間が長い」ことから明らかだと考えている。

「だから彼には多くのアドバンテージがあるが、チェコは今やマックスのペースで走ることができる。マックスの方がほんの千分の一秒有利だと思うが、難しいトラックでは互角だと思う」と付け加えた。

ペレスはすでに2024年までの契約を結んでおり、父親のアントニオは、ペレスのモチベーションはこれまでのトップドライバーと同じように高いと考えている。

「毎朝、彼は自分が1位のチームにいて、2位が最初の敗者であることを知っている」と彼は言う。

「きょう私は、いつもと違うチェコ・ペレスを目の当たりにした。話し方、歩き方、表情が違う。彼と話している時、私は父親としてそれに気づくんだ。彼が『いやいやボス、私が1位だということを忘れないで』と言うので、私は彼に『いやいや、混乱しないでくれよ』と言うんだ」、とペレスの父親は笑った。

■チェコはワールドチャンピオンになる

「これまでは、10位でフィニッシュすることは素晴らしいことだった。でも、もしチェコが他の若いドライバーのように序盤からこの機会を得ていたら、すでに何度もワールドチャンピオンになっていたに違いない」

「これから10年間、チェコ・ペレスの姿を見ることになると思うが、私は彼がワールドチャンピオンになることを確信しているよ」と語った。

■マルコ「自由な戦いをさせられる贅沢な余裕がある」

セナとプロストとの比較については、レッドブルのヘルムート・マルコ博士は、戦いがカオスに陥らない限り、2人の戦いは自由だと述べた。

「我々は両ドライバーに自由にドライブさせるという贅沢をする余裕がある」と彼は『RTL』に語っている。


发表回复

Thanks for your support to bet365fans!