(報知新聞社)(報知新聞社)

◆大相撲 ▽夏場所3日目(16日、東京・両国国技館)

 前日に早くも土がついた、カド番の大関・貴景勝(常盤山)が連敗を回避した。小兵の幕内・翠富士(伊勢ケ浜)戦は、立ち合いからもろ手突きで吹っ飛ばしたが、いなされて一度は出足が止まった。それでも、最後は引きに乗じ、力いっぱいに押し込んだ。2勝目を挙げたが、取組後はこの日も取材に応じず。支度部屋前に集まった報道陣をスルーして会場を後にした。

 2日目からは、先場所負傷した左膝に加え、右膝にもテーピングを施している。痛々しい姿で白星を先行させて通算400勝目。八角理事長(元横綱・北勝海)は「開き直っていった。大事なことですよ。誰でもそうだけど、気持ちを奮い立たせることです」と、看板力士の巻き返しに期待を寄せた。

報知新聞社


发表回复

Thanks for your support to bet365fans!