(Getsuriku)(Getsuriku)

◇第102回関東インカレ(5月11日~14日/神奈川・ギオンスタジアム相模原)4日目

第102回関東インカレが行われ、大会最優秀選手には男子1部が100mと4×100mリレー2冠の栁田大輝(東洋大)、男子2部は100m、200m、4×100mリレー3冠のマデロ・ケンジ(城西大)、女子1部は5000mと10000m2冠のサラ・ワンジル(大東大)が選ばれた。

昨年のオレゴン世界選手権4×100mリレー代表の栁田。MVPについて「まさか自分とは思っていなかったので意識していませんでした」と驚きを隠せない。100mは追い風参考ながら10秒09(+3.1)で2連覇すると、4×100mリレーではアンカーを務めてフィニッシュを決めた。

最終日は「(400mハードルの)、小川大輝など、同期もたくさん出ていたので全部、声出しをやりました」と、志願して集団応援の音頭を取り、「声が枯れました」といつもより少しかすれた声で笑う。2度目の関東インカレは「楽しい4日間でした」。

次戦はセイコーゴールデングランプリ、そして日本選手権へと向かう。今年の目標は「個人で世界選手権」。自己記録は10秒15、今季ベストも公認では10秒2台で「まだイケイケじゃない。本番で一本しっかり走りたい」と、関東インカレをステップにさらなる飛躍を誓った。

月陸編集部


发表回复

Thanks for your support to bet365fans!