(Getsuriku)(Getsuriku)

5月21日に開催されるセイコーゴールデングランプリ(神奈川・日産スタジアム)の男女100m、女子1500m、女子走幅跳の追加出場選手が発表された。

女子100mには、昨年のオレゴン世界選手権4×100mリレー代表の君嶋愛梨沙(土木管理総合)と御家瀬緑(住友電工)がエントリー。東京五輪代表の鶴田玲美(南九州ファミリーマート)も名を連ねた。

男子100mには2017年の台北ユニバーシアード金メダリストの楊俊瀚(台湾)のほか、国内組では10秒1台のベストを持つ原田暁(北九州RiC)、本郷汰樹(オノテック)、福島聖(富山銀行)、デーデー・ブルーノ(セイコー)らが追加出場に。女子1500mには昨年日本選手権3位の道下美槻(立大)や、東京五輪3000m障害代表の山中柚乃(愛媛銀行)ら、女子走幅跳には竹内真弥(ミズノ)がエントリーリストに加わった。

また、女子1500mに出場予定だった卜部蘭(積水化学)はコンディション不良のため欠場が発表されている。

※記事の一部を修正しました

月陸編集部


发表回复

Thanks for your support to bet365fans!