(TOKYO-SPORTS)(TOKYO-SPORTS)

 天龍プロジェクト16日の新木場大会の試合前に記者会見が行われ、「UNタッグベルト初代王者決定1DAYトーナメント」(6月10日、GENスポーツパレス)の出場4チームが発表された。

 新設されるUNタッグ王座は、PWFから認可を受け天龍プロジェクトの管理する認定タイトルとなる。トーナメントには全日本プロレスの青柳優馬&青柳亮生、大日本プロレスの神谷英慶&吉田和正、天龍プロ選抜チームとして河野真幸&児玉裕輔、佐藤耕平&SUSHIの計4チームが参加。組み合わせは後日発表となる。

 ベルト新設を受け天龍源一郎からは「手にした選手たちが誇りに思えるベルトとなるよう、出場選手やこれからこのベルトを目指す選手たちには、肝に銘じて一生懸命プロレスをしてほしいと思います。トーナメントのメンバーにもとても満足しています。タッグらしい戦いを見せて、龍原砲をしのぐチームワーク、可能性をみられることを期待しています」とメッセージが届いた。

 会見に出席した青柳亮生は「このトーナメントが開催されるって兄に2日前に聞かされたばかりでまだ状況が正直把握できていませんが…。青柳兄弟で勲章を残せる、しかも初代王者という名前を残せたらなと思います」と豪語。兄の優馬も「UNタッグのベルトが新しくできると噂で聞きまして、実はPWFに根回ししてどうかこのトーナメント、青柳兄弟揃って出場させてもらえないかと話をさせてもらい、許可をいただき、出場させてもらうことになりました。新しく作られたベルトということで、青柳兄弟の名前が初代に、先頭に立つのが楽しみでもありますし。夢ありませんか? 兄弟で初代タッグ王者って」と、ベルト取りを誓っていた。

東スポWEB


发表回复

Thanks for your support to bet365fans!