(C)Getty Images(THE DIGEST)(C)Getty Images(THE DIGEST)

 現地時間5月13日(日本時間14日、日付は以下同)、ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンが自身のポッドキャスト番組“The Draymond Green Show”の最新エピソードを公開した。

 昨季の覇者ウォリアーズは、12日のウエスタン・カンファレンス・セミファイナル第6戦でロサンゼルス・レイカーズに101-122で大敗。プレーオフから姿を消していた。

 ウエストのカンファレンス決勝はレイカーズ、そしてフェニックス・サンズを4勝2敗で撃破したデンバー・ナゲッツによるシリーズとなる。

 この2チームがプレーオフで対戦するのは、2020年のカンファレンス決勝以来3年ぶり。今年はイースタン・カンファレンスの決勝も、3年前と同じくボストン・セルティックスとマイアミ・ヒートが激突することとなった。

 新型コロナウイルスのパンデミックにより、2019-20シーズンのNBAは2020年3月に前代未聞の中断を余儀なくされ、同年7月末にフロリダ州オーランドの“バブル”と呼ばれる隔離された施設で再開。特殊な環境、しかも無観客という状況でシーディングゲーム(順位決定戦)をこなしてプレーオフ出場チームを決め、プレーオフは通常どおりの4戦先勝で行なわれた。
 
 この年はレイカーズが4勝1敗でナゲッツを下し、4勝2敗でセルティックスを倒したヒートとNBAファイナルで激突。4勝2敗でシリーズを制したレイカーズが球団史上17度目の優勝を飾り、レブロン・ジェームズがファイナルMVPを獲得した。

 ウォリアーズは昨年のプレーオフ1回戦、ナゲッツと対戦して4勝1敗で撃破。グリーンはシリーズ第3戦終盤、ニコラ・ヨキッチから値千金のスティールを奪うウィニングプレーを決めるなど、攻守両面で勝利に貢献していた。

 16日からナゲッツのホームで幕を開ける今年のカンファレンス決勝を前に、グリーンはナゲッツの“ジョーカー”ことヨキッチ、レイカーズのアンソニー・デイビスをキープレーヤーに挙げていた。

「そのマッチアップがカギになるだろうな。ジョーカーはAD(デイビスの愛称)をリムから引き離すことができる、まさに本物の男だ。


发表回复

Thanks for your support to bet365fans!