STVVは、ドイツ人のトルステン・フィンク(Thorsten Fink)氏が監督に就任することが決定いたしましたのでお知らせいたします。
フィンク監督就任に伴い、セバスチャン・ハーン(Sebastian Hahn)氏がアシスタントコーチに就任します。残りのコーチ陣に関しては決まり次第、発表いたします。

【©︎STVV】
【©︎STVV】

選手としてはドイツの強豪バイエルン・ミュンヘンで1997年から2003年までプレーし、236試合に出場。4度のリーグ優勝とチャンピオンズリーグを含む13個のタイトルを獲得するなど、「勝者のメンタリティー」を構築したフィンケ氏は、現役引退後にFCレッドブル・ザルツブルクのセカンドチームで監督キャリアをスタート。

2009年から2011年にスイスの名門FCバーゼルで平均勝ち点2.08を記録し、2度のリーグ制覇を達成。その後は、ハンブルガーSV、グラスホッパースなどで監督を務めた後、ヴィッセル神戸の監督に就任し、2020年に天皇杯を優勝。STVVは選手・監督として多くのタイトルを獲得してきたドイツ人指揮官と記念すべき100周年のシーズンを戦うこととなりました。

【©︎STVV】
【©︎STVV】

【フィンク監督コメント】
「豊かな歴史を持ち、熱狂的なファンがいるSTVVの監督に就任することができて、ワクワクしています。クラブ創設から100周年を迎えるシーズンを特別なものにするため、コーチ・選手と共に良いシーズンを過ごせるよう全力を尽くします」

【立石CEOコメント】
「STVV創設100周年を迎える記念すべきシーズンに『勝者のメンタリティー』を持つフィンク監督を招聘することができ、とても光栄に思います。若手の育成に長け、昨シーズンまで積み上げてきた組織的な守備に攻撃力を上積みしたサッカーを見せられることができるように新監督と共にチームを準備し、戦っていきたいです」


发表回复

Thanks for your support to bet365fans!