スポーツナビでは2023シーズンのプロ野球で、週間MVPを選出する。野手では「wRAA(weighted Runs Above Average)」、投手は「RSAA(Runs Saved Above Average)」(いずれもその選手が平均的な選手と比較してどれだけチームの得点貢献を増減させたかを表す指標)を基に、「セ・リーグ野手」「パ・リーグ野手」「セ・リーグ投手」「パ・リーグ投手」の4部門で選手をランキング化する。トップに輝いた選手を、ぜひチェックしてほしい。

本来の打撃を取り戻した巨人の背番号8がトップ

 セ・リーグ野手部門では、5試合すべてで快音を響かせた丸佳浩(巨人)が1位に輝いた。2位には首位攻防3連戦で打線をけん引した近本光司(阪神)、3位にはリーグトップの9号アーチを放った宮﨑敏郎(DeNA)が名を連ねた。

1位 丸 佳浩(巨人)
 開幕から打撃不振にあえいでいたベテランが、持ち前の打棒を取り戻した。5月9日のDeNA戦で今季初の猛打賞を記録すると、12日には古巣・広島との一戦で1試合2本塁打の活躍。対象期間中は全5試合でヒットを放ち、打率.429のハイアベレージを残した。


发表回复

Thanks for your support to bet365fans!