日本ダービーに出走予定のファントムシーフ(写真左、撮影:井内利彰)(netkeiba.com)

 17日。先週に引き続き、武豊騎手が跨って、日本ダービー(5月28日・東京芝2400m)に向けて1週前追い切りを行ったファントムシーフ(栗東・西村真幸厩舎)。厩舎から調教馬場まで向かう姿が悠然と闊歩していて、この時点から先週よりも雰囲気がいいなあという感じ。

 開場直後にCWへ入場というタイミングも先週と同じ。先頭がタイセイドレフォン、これにソリタリオが続いて、一番後ろからという隊列。先頭と一番後ろが2秒くらいの差はあったと思うが、少しずつその差を詰めていって、4コーナーでは内を通って、前に並びかけていく。

 しばらくは前2頭に並んでいたが、ラスト250mあたりで仕掛けられると、一瞬で抜け出してきて、2頭を突き放す。最後は大きく先着してフィニッシュしたが、その動きは先週のよりも確実にいい動き、そんな印象を受けた。

 時計は6F81.0-5F65.6-4F50.7-3F35.9-2F22.3-1F11.0秒。道中がきれいな加速ラップを踏んでいて、なおかつ最後の直線は11.5秒以下の加速。それでいて、動きにはまだまだ余裕があったし、前走のダメージどころか、あらためて上昇中といった印象を受ける。

(取材・文:井内利彰)


发表回复

您的电子邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注

Thanks for your support to bet365fans!